スポンサーサイト

Posted by アップル初心者 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズがiTunesにやって来た

Posted by アップル初心者 on 21.2010 Apple 0 comments 0 trackback
前回の日記で紹介したAppleの謎のメッセージの正体は、
もう既に多方面で紹介されているように、
iTunesでのビートルズの音楽配信という事でしたね。

TwitterをはじめSNS、ブログなどで、
予想に反する内容への落胆ぶりが多数書かれていました。

私もそのガッカリ組の一人だったわけですが、
少し時間を置いて考えてみると、
Appleのオフィシャルサイトに出ていた
「忘れられない一日になります」というコピーが、
単にAppleの独りよがりでは無い事に実感が沸いてきています。

Appleとその昔ビートルズが立ち上げたApple Corpsとの抗争は、
多くの方がご存知のように泥沼な状態になっていた事もあり、
和解が成立し、そして今回iTunesからビートルズの楽曲が提供出来る事になり、
Appleやスティーブ・ジョブズ氏にとっては、この上ない喜びとなって、
あのような前振りに繋がったのではないかと見る意見も多くありましたね。

でも果たして本当にそうなのか?

まだまだネットでの音楽配信をやっていないアーティストがある訳ですが、
その中でビートルズは、その象徴的存在でした。

そのビートルズの楽曲が、音楽配信の雄iTunesから販売されるという事は、
一つの時代の節目というか、新しい仕組みと流通が確固たる地位を
確立した証のようにも思えます。

かつてCDが販売され、音楽流通のスタンダードになった時も、
ビートルズのアルバムがCD化されたのは、ずいぶん後だった気がします。

当時、これを機会にアルバムを全部揃えてやろうと、
私自身心に誓った覚えがあります。(実際にはCDは集めなかったのですが…)

その時の状況と似ている気がします。

このiTunesでのビートルズ楽曲の発売を皮切りに、
更にネットでの音楽配信が拡大・加速するのかもしれませんね。

そう考えてみると、iTunesでのビートルズ音源の発売は、
音楽配信の新しい門出となるのかなぁと思ってみたりします。

そういう意味ではAppleだけに限らず、
多くの人にとっても、本当に「忘れられない一日」だったのかもしれませんね^^;

Gigazin
なぜ今頃Appleはビートルズの楽曲を配信開始することをこんなに大々的にアピールしたのか?
(参考記事)

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://applemac2010.blog77.fc2.com/tb.php/11-eb806b7f

スポンサードリンク

CALENDAR

ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

■■相互リンク集■■

HSタグクラウド

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

キャッシングリファレンス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。